むくみは水分が多いのが原因?どうやってセーブすればいいの?

むくみは、水分をたくさん摂ることでむくみが発生します。

またずっと同じ体勢で血の巡りが悪くなった時などにも発生することがあります。

それは顔より足や手が多いです。

むくみは、いつもより足や顔が大きく見えることや、パンパンに腫れていたりすることをむくんでいる状態と言えます。

足や手は心臓より上に上げることで血流が良くなり治ることがありますが、顔は難しいです。

朝浮腫む人は夜寝る前に水や水分の摂り過ぎが原因のことが多いです。

水分はコップ一杯までにします。

またお酒をたくさん飲む人はよりむくみがひどいと思います。

なので、寝る前には少しセーブしたり、お風呂にゆっくり浸かったりして体の水分を少し汗などで出して、寝ることをお勧めします。

ですが、カラカラの状態ではいけないので少量にすることが大切です。

また、泣いた日の朝は目がむくんでパンパンになっていることもあります。

そういう時は冷やすのが良いとされています。

温める方がむくみがとれると言う人もいると思いますが腫れて熱を持っている時はまず冷やすことが大切です。

その後に温めると血の巡りが良くなってむくみも取れると思います。

顔全体だとマッサージをするのも良いと思われます。

顔を揉んだりすることで血流が良くなります。

よく小顔マッサージで血流をよくしたり、リンパを流したりしますがそれと同様でむくみもマッサージによって取れることがあります。

どちらにしろ、むくみの原因が血流が悪いことにあるとするならばマッサージをすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です