授乳後にバストがしぼんでしまった悩みを解消した方法!

小さなバストや授乳後にしぼんでしまったバストにお悩みの女性は実は多いのです。

私もその1人です。

授乳を終え、気付いた時にはサイズが2サイズもダウンしたことで、女性らしいラインも失い、着れる服も減ってしまいました。

しかし、薬は副作用などが心配でしたし、豊胸手術をするほどでもないかと思っていました。

それでも、入浴時などで目にする可哀そうなバストを何とかしたいという気持ちは変わらず、何かないかと調べていて見つけたのが、リンパや血液の循環を改善する「おっぱい推拿(すいな)」と大胸筋を鍛える「合掌エクササイズ」でした。

体操なので、費用もかからず手軽にできると思いやってみました。

「おっぱい推拿」は、5分でできる体操で、バスト周りの詰まりを取り除き血流を促します。

方法は、お腹のお肉をバストのアンダーラインあたりまでさすり上げます。

そして、背中からワキの間で硬まってしまったお肉を揉みほぐして柔らかくしていきます。

手をグーにして第二関節を脇腹の肋骨の間に合わせて、前に強くさすります。

その後、外側に流れたバストを両手で掴み、中央に寄せて、それを3秒間キープします。

グーにした手を鎖骨の下の外側から中央に向けて胸骨をさすります。

肩甲骨を大きく動かすように腕を回し、ワキのリンパを親指で押します。

そして、もう一つの「合掌エクササイズ」ですが、バストを支えている大胸筋を鍛えることで、重力に負けないきれいな上向きバストを作ってくれます。

方法は、背筋を伸ばし、お祈りをイメージして胸の高さで手を合わせます。

肘を張ってバストの上部を意識し、両手を強く押し合います。

これを深呼吸しながら15秒×2セットを続けて行うものです。

どちらも簡単なので続けやすく、健康的にバストアップが目指せます。

私はこれらの体操に加え食事にもこだわったおかげで、授乳でサイズダウンしてしまったバストを約8ヶ月で元のサイズに戻しました。

その上、授乳前よりも上向きでハリのあるバストになったと実感しています。

悩んでいる時間でできてしまう体操なので、すぐにでも始めてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です