お風呂で毛穴を開く方法と洗顔で小鼻の黒ずみは改善できる

鼻は顔の中心にあるので黒ずみは目立ちやすい部分です。

そもそも黒ずみは毛穴に汚れが詰まってしまっている状態、例えばクレンジングで化粧を落とす際に鼻頭にも塗ったであろうファンデーションが綺麗に流し切れていないと、徐々に汚れが蓄積し、黒ずみの原因となってしまいます。

ケア方法については個人差があるので、正解はありませんがまずは元である毛穴を開く事が第一前提で、一番毛穴が開きやすい時と言えば、お風呂で湯船に浸かっている時です。

しかしただ湯船でぼんやりしていても意味はなく、蒸しタオルやもしなければ手持ちのタオルハンカチを熱いお湯で濡らし、鼻の部分に乗せます。

その時に、両手で軽く鼻を押さえても良いです。

約2分程行い、毛穴はもう完全に開いている状態、その後に洗顔をして下さい。

一番良いのは泡洗顔で泡は汚れを浮かす働きがあるので、出来ればその方が良いと言えます。

そして洗い流したら肌表面の汚れもですが、毛穴の中の汚れも少し無くなります。

完全には綺麗にならなくても毛穴を清潔に保つ事で黒ずみ対策にもなるのです。

今お話ししたのはお風呂の中でのケアですが、日中の鼻の黒ずみケアは脂取り紙で鼻頭の脂をとって下さい。

あまり頻繁にやってしまうとカサカサになってしまうので、朝、昼で一回毎に行っても良いと思います。

実は顔の脂も毛穴が詰まる原因=黒ずみにも関係があり、脂取り紙はそんなに大きい物ではないのでバッグに忍ばせて置くと、日中ケアも完璧です。

きっと他にもケア方法があるとは思うのですが、私が言える知識はここまでです。

でもよくよく考えて、毛穴が詰まる、黒ずみの原理が分かれば、こうしたら改善されるのではないかと、なんとなく分かってきます。

黒ずみケアのコスメを使うより、元から考えた方がより綺麗な鼻になれるかもしれないです。

元からの肌質にもよりますが、しっかりケアをすれば絶対に効果は表れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です