鼻の黒ずみ予防、洗顔方法を紹介。鼻への刺激は厳禁!

男女問わず、美意識を持っている方にとって、顔、特に鼻の黒ずみは嫌なものです。

鼻は高さもあるため紫外線の影響も受けますし、汗の分泌も多く、触る機会も多いので、それだけ黒ずみができやすくなる場所で、対策が必要ということなのです。

今回は、私が綺麗な鼻を保つために行っている鼻のケアについてご紹介します。

1、黒ずみ予防について。

まずは、黒ずみを予防することです。

予防さえ出来れば黒ずみはできないので、1番大事なことです。

1番大事なのは無駄な刺激を与えないことです。

鼻にニキビができたり、黒ずみがあるからといって気にして触ってはいけません。

気になる気持ちは分かりますが、刺激は逆効果です。

ニキビを触りすぎて跡になったり黒ずみに変わったりします。

角栓などをピンセットで抜く方もいますが、これも鼻に負担がかかるので控えた方が良いでしょう。

角栓の対策は後ほど述べます。

2、黒ずみをケアする方法。

私の黒ずみケアの方法は、まずは毛穴の掃除です。

これは市販されている鼻パックでも、顔に塗って剥がすジェルタイプのパックでも良いです。

しっかり乾かして角栓を取り除きます。

その後、温めのお風呂にゆっくりと浸かり、顔もお風呂で温めて先ほど角栓を抜いた毛穴を更に開かせると同時に湯で洗い流します。

最後の仕上げとてし、石鹸やしっかり泡立つ洗顔料をこれでもかというくらい泡立てて鼻を包み込みます。

ここで大事なのは、こすらず泡で毛穴を洗うということです。

この予防法と洗顔方法を毎日続ければ、いつか黒ずみはなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です