顔のむくみには血行を良くするといい?マッサージ方法、アルコール対策も。

朝起きたら自分のむくんだ顔に驚くこともしばしば。

早くむくみを取って出勤したいのにと悩んでいる人はたくさんいると思います。

そんな朝、すぐにむくみを取る方法を伝授します。

顔がむくんでいる時に一番大切なのは、顔の血行を良くすることです。

血行を良くするために有効なのが、顔を温めることと冷やすことを交互に行うことです。

ぬるま湯で濡らしたタオルで軽く電子レンジでチンして、顔に乗せます。

その次に氷水で濡らしたタオルを交代で乗せます。

これを繰り返すと顔の血行が良くなり、むくみもスッキリと取れます。

また顔のむくみは首筋のリンパを流すことでも取れるので、クリームなどを塗って首筋をマッサージすれば効果を得られます。

首を動かしたり顔の表情筋を動かすのも良いでしょう。

もちろん、むくみは前日の夜からの食事も気をつけていれば解消されます。

むくみの原因である塩分やアルコールの摂取を控えれば翌朝のむくみは少なくなります。

むくみは水分が溜まって膨らんだ状態なので、アルコールを摂取した時は、寝る前に軽い運動をすれば水分が下に下がります。

そうすればむくみ予防に繋がります。

また朝時間に余裕があるのであれば、足湯も効果があります。

足から温めることで体全体がすぐに温まり、血流が良くなるのでむくみも無くなるのです。

顔はどうしても一番むくみが出やすい場所なので、前日夜からのケアや朝のマッサージなどで解消してみてください。

どれも簡単ですが、むくみ取りには効果的なのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です