リファカラットで顔のむくみをケアする方法。併用するとより効果的なものは?

元々むくみやすい体質の私は、小学校高学年から顔のむくみに悩んできました。

顔のむくみに気づいたのは翌朝の目の開きが前日と極端に違うことでした。

そこからずっとむくみケアをしてきています。

現在むくみケア対策として使用しているものは、美容機器のリファカラット、クラランスのフェイスマッサージクリーム(リフトアフィーヌトータルVセラム)です。

リファカラットは用途に応じていろいろな種類が発売されていますが、私は顔はもちろんのこと、体にも使用できるものを使っています。

お風呂上りにスキンケアをする前に、まず顔から首にかけてリファカラットを転がし、マッサージをして血行を良くします。

鎖骨から肩にかけてしっかりと流します。

おでこは特に翌日の目の開きに関係してくるのでしっかりとコリをほぐします。

目が疲れていたり、神経を使って疲れている日は特にこの辺りが少し転がしただけでも痛くなるので、一日の疲れがどのくらいだったのかなど自分の体調を知る良い習慣になっています。

しっかりとマッサージすると翌朝の目の開きが全然違います。

リファカラットでマッサージした後、化粧水などで肌を整え、その後クラランスのフェイスマッサージクリームで顔のマッサージをします。

手間はかかりますが翌朝のフェイスラインが全然違うので毎晩頑張っています。

たとえ夜に疲れてしまってむくみケアを怠ってしまったとしても、翌朝リファカラットで数分マッサージするだけでむくみは取れるのでリファカラットには頼り切った生活をしています。

これは本当におすすめです。

美容機器、マッサージクリーム以外でのむくみケアとしては、塩辛いものや味の濃い物を食べすぎてしまった日にはむくみ改善の漢方を飲んだり、晩御飯はできるだけ野菜メインの食生活にしたりしています。

きゅうりとトマトはむくみを改善してくれるので毎日取り入れています。

むくみ一つで顔や体の印象が変わってくるので、多少手間がかかってもむくみケアは継続したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です