顔のむくみケアに効果があった3つの方法。身体は痩せているのに…

私は元々痩せ型なのですが、顔にむくみが現れやすく、前日の食事などですぐに顔に出てしまいます。

痩せていたとしても顔がむくんでいると太って見えてしまうので嫌です。

私が試して個人的に効果のあった顔のむくみケアをご紹介します。

1つ目、塩分を控えること。

食塩、すなわち塩化ナトリウムですが、このナトリウムを摂取しすぎてしまうとナトリウムの濃度を薄めるために水分がどんどん取り込まれてしまい、むくみの原因になります。

私は顔がむくんだ前夜を思い出すと、そういえばポテチやラーメンなど塩分の高いものを食べていた!

ということ多々です。

一度摂取してしまったナトリウムは排出するまでに時間がかかるので、しばらくの間むくんでしまいます。

2つ目、運動すること。

これはもう直接的に体の水分を出そう!という作戦ですが、やはり運動して汗をかいた後って顔のむくみはすっきり解消されていることが多いです。

もちろん、その後、水分不足にならないためにしっかり水分を摂取しますが、一度運動して解消した顔のむくみはそれだけじゃ元に戻るようなことは私は基本的にないです。

個人的な意見ですが。

3つ目、顔の体操をすること。

「あ、い、う、え、お」と口を大きく動かし、顔の体操をすることで顔の筋肉を動かします。

これはあまり劇的な効果は感じられませんが、小顔効果もありますし、顔の体操に限らず、普段から表情豊かな人は顔に脂肪やむくみが少ない気がするので、顔を大きく動かすことで、血行も良くなりむくんだ顔が少し解消されると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です