脇の毛の自己処理の悩み。ノースリーブが着たい夏と着ない冬の処理方法。

夏になるとノースリーブの服が着たくなります。

冬の間は脇の毛の処理はカミソリでしていますが、剃り残しのプツプツが気になるので、夏が近くなると毛抜きにチェンジするのが毎年のことです。

毛が5ミリくらい伸びたところで1本ずつ、痛みをこらえながら毛抜きで抜いていきます。

見えている毛よりも長いものが毛根付きでスルリと抜けた時はとても快感ですが、毛抜きで1本ずつ抜いていくという作業なので、時間が凄くかかります。

せっかくの休日なのに、気がつくと2~3時間経過していることもしばしば。

見た目のキレイさと手間は比例しますね。

それならば時間ではなくお金をかけたらどうかと脇専用の脱毛器を家電量販店で購入してみましたが、あまりの痛さに1度しか使いませんでした。

何本もまとめて抜くタイプだったので、毛抜きよりも痛みが強く、しかも引っ張るせいか途中で切れる毛も多く、結局毛抜きでの処理に戻ってしまいました。

生えてくる度に毛抜きで根気強く抜いていくと、何とかノースリーブを着られるくらいの見た目の脇になるのですが、皮膚に負担がかかるのか秋が近くなると毛穴が目立ってくるのも悩みです。

また、埋没毛も増えてきて、何となく黒っぽいのも気になります。

それで、長袖の季節には肌への負担が少ないカミソリでの処理に戻します。

なかなかこれといった脱毛法は見つかりませんが、その時の状況に応じて抜いたり剃ったりしていくしかないのかなぁ…と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です