脇の自己処理のし過ぎで黒ずみが!半年で綺麗になった理由。

中学生から20歳くらいまで自己処理で脇の脱毛をしていました。

どのように脱毛すればいいのか特に知識もなく、ピンセットで一本ずつ抜いたりドラッグストアで買ったシェーバーとシェービングクリームを使って剃ったりしていました。

何年もこれを繰り返していましたが、処理後のケアを何もしていなかった為、5年ほど経つと脇の皮膚が黒ずみ、変色してしてしまいました。

どうしたらいいのが分からず、恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。

人には絶対に脇を見られないようにするため、夏は出来るだけ袖がある服装にするようにして、夏に友達と泳ぎに行く時は「日焼けしたくないから」と言って水着の上からTシャツやラッシュガードを着ていました。

そして、外出先では出来るだけ手を上げないようにしていました。

タンクトップで外出なんて、絶対に出来ませんでした。

何とか脇を綺麗にしたいとずっと思っていて、18歳で就職した際に自由に使えるお金が出来ました。

勇気を出して脱毛をしているエステの無料体験に行ってみました。

そこで、初めて茶色く変色してしまった脇を人に見せました。

間違った自己処理でもう綺麗にはならないのではないか…と悩みを相談しました。

顔のケアのように脇もしっかりとケアをすれば綺麗になるということを言って頂いたので、そのエステの脇脱毛にしばらく通うことにしました。

エステでは、機械を使った脱毛を行い、自宅でケアする為の美容液や保湿クリームを購入しました。

値段は高めでしたが、綺麗な脇を取り戻す為の投資だと思いました。

そして、半年ほどで黒ずみができていた脇は綺麗な脇になりました。

知識もなく間違った自己処理を続けてしまったことを後悔しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です