足のむくみをとる4つの方法でスラリとした足を目指そう!

日ごろ足のお手入れをされていますか?

寒い季節や水分などにより足はむくみます。

むくみを放置したままでいるとむくみが脂肪となって戻らなくなります。

そうなる前に、定期的にケアをして、足のむくみをすっきり取ってスラリとした長い足を目指しましょう!

【リンパマッサージ】
良く聞くのがリンパマッサージですね。

足の裏やふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど重要な役割をしています。

足裏にはたくさんのツボがあり、ツボを押したり揉んだりすることにより全身を刺激することができます。

ふくらはぎは下半身の血液を上半身へ送るポンプのような役割をしていますね。

足の裏から土踏まずの内側、くるぶしの下あたりまで老廃物を流すようにマッサージしましょう。

つぎに足首からひざ裏まで下から上に向かってマッサージします。

膝の裏にリンパが集まってるので、ここをよく揉みほぐすと老廃物が流れやすくなります。

【オイルトリートメント】
上記のリンパマッサージと併せても使えるのがオイルトリートメントです。

オイルで足をマッサージ、とまでいかずとも、撫でて滑らせるだけでも効果あり。

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなど、アロママッサージで使うようなオイルだと肌に浸透しやすく効果的です。

手元にない場合は、保湿クリームなどでの代用でも可能ですよ。

【つま先上げ】
マッサージもオイルもひと手間かかります。

面倒だ、という人は、椅子に座っているときにかかとをつけたまま、つま先を上げるだけでも効果的です。

足首を動かすとふくらはぎの血流が良くなるので、足首を回したりするのもむくみ防止につながります。

【足用枕】
それでも面倒な人は、寝る前に足を高くしてから寝ましょう。

足を10センチほど高くして寝ると良いでしょう。

高く上げ過ぎると血液が頭に上り過ぎてしまうので注意が必要です。

市販の足用枕のほかに、バスタオルを折ったものやクッションでも代用できます。

むくみを放っておくと取り返しのつかないデブ足に!

むくみケアをして足美人になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です