お風呂で毛穴を開く方法と洗顔で小鼻の黒ずみは改善できる

鼻は顔の中心にあるので黒ずみは目立ちやすい部分です。

そもそも黒ずみは毛穴に汚れが詰まってしまっている状態、例えばクレンジングで化粧を落とす際に鼻頭にも塗ったであろうファンデーションが綺麗に流し切れていないと、徐々に汚れが蓄積し、黒ずみの原因となってしまいます。

ケア方法については個人差があるので、正解はありませんがまずは元である毛穴を開く事が第一前提で、一番毛穴が開きやすい時と言えば、お風呂で湯船に浸かっている時です。
“お風呂で毛穴を開く方法と洗顔で小鼻の黒ずみは改善できる” の続きを読む

マジックソープで鼻の黒ずみケア、効果のほどは?

私の黒ずみケアは、1ヶ月に2度ほどフェイシャルエステにも行っていますが、主に毎日の入浴時での洗顔でケアしています。

まず入浴時に、クレンジングでメイクを落としたあと、肌を温めて毛穴を開くために湯船につかります。

その後、顔にシャンプーやコンディショナーなど他の汚れが付いて残らないように髪と身体を洗い、一番最後に洗顔をします。
“マジックソープで鼻の黒ずみケア、効果のほどは?” の続きを読む

鼻の黒ずみは保湿で解決!おすすめの美白化粧水はこちら

鼻の黒ずみが最初に気になったのは中学生のときです。

この頃は皮脂の分泌も多く、洗顔をしても追いつかない状態でした。

当時母親が使用していた毛穴パックを何度も使用し、使用しない日はピーリングジェルを使ったあと石けんの泡でこするということをなんと大学生まで続けていました。
“鼻の黒ずみは保湿で解決!おすすめの美白化粧水はこちら” の続きを読む

ドクターシーラボのスーパークレンジングEXで黒ずみとサヨナラできました

10代のころから、鼻の毛穴がポツポツと黒くなり悩んでいました。

鼻に貼ってはがすシートや、蒸しタオルを当てて毛穴を開かせる方法など試しましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

数年前から、ドクターシーラボのスーパークレンジングEXというメイク落とし洗顔料を使っています。
“ドクターシーラボのスーパークレンジングEXで黒ずみとサヨナラできました” の続きを読む

毛穴パックはよくないと聞いて卒業した人におすすめアイテムがこちら!

30代主婦です。

10代の頃から、鼻の黒ずみが気になり出しました。

当時、水で濡らして貼って剥がすタイプの毛穴パックが流行っており、試してみるときれいに小鼻の角栓がとれて、それはそれは気持ちのいいものでした。
“毛穴パックはよくないと聞いて卒業した人におすすめアイテムがこちら!” の続きを読む

鼻の黒ずみが洗顔がなかなか落とせない時におすすめの方法

鼻の黒ずみに悩む人はたくさんいます。

どんなに高い化粧品やいいファンデーションを使っていても、毛穴のケアをおこたると毛穴に落としきれなかった皮脂やファンデーションがつまってしまい、やがて色素沈着して鼻の黒ずみが目立ってしまいます。

そして、その黒ずみはどんなに洗顔を一生懸命したとしても簡単には取り除くことができなくなってしまうのが現状です。
“鼻の黒ずみが洗顔がなかなか落とせない時におすすめの方法” の続きを読む

クレイ洗顔で黒ずみケア!上手な洗顔と保湿の仕方がこちら

鼻の黒ずみの原因は、皮脂汚れとメイク汚れです。

しっかりと毎日洗顔をしていても少しずつ汚れが蓄積して黒ずみになってしまいます。

気になってついつい指でつまんで押し出したり、小鼻のシートパックなど強引に除去する方法を取ってしまいますが、続けていても黒ずみはまたすぐに溜まりますし、肌を傷つける原因にもなります。
“クレイ洗顔で黒ずみケア!上手な洗顔と保湿の仕方がこちら” の続きを読む

鼻の黒ずみに効くのはやっぱり昔ながらのモノでした!

私が鼻の黒ずみが気になり始めたのは20代に入ってからで、最初はそんなに気にならず特に何もしませんでした。

ですが、毎日ファンデーションを塗るようになってくると本当に酷くなってきてどうしようと悩んだ時に一番最初に使ったのがビオレ 毛穴すっきりパック鼻用を使ってみました。

そうしたところ最初の時は一時的によくなっていたのでこれはリピートしようと思って使っていたら今度は徐々に鼻の毛穴の開きが気になるようになり、美容皮膚科に行かなきゃまずいかな?
“鼻の黒ずみに効くのはやっぱり昔ながらのモノでした!” の続きを読む

ビオレ毛穴パックは使い方に注意すればスッキリと鼻のよこれがとれます!

鼻の黒ずみのケアは、ビオレ毛穴すっきりパックを使って手入れをしています。

やり方は、とっても簡単で、水で濡らした毛穴パックを鼻に貼り、乾くまで放置します。

乾いたなと思ったらら、ゆっくりと剥がします。
“ビオレ毛穴パックは使い方に注意すればスッキリと鼻のよこれがとれます!” の続きを読む